ファミマル公平のひとり言

戻る

2016年07月07日

「 産経新聞記事から・・・ 」

AIBO1.GIF


◎SONY、愛玩ロボ再び。


 ソニーの平井社長は6月29日の経営方針説明会で、


人工知能(AI)を活用したロボットの開発に着手したことを明らかにした。


 ロボットについて、「育てる喜び、愛情の対象になるようなロボット」と述べた。


だったら、10年前に生産を止めた「アイボ」は一体何んだったのか。


ソニーは「アイボ」の開発時に、そこまでのビジョンがないまま、


ただ四足で歩く、起き上がるだけのロボ犬に莫大な予算を使った。


子供の遊びでしかなかったソニーは、その後沈んで行った・・・


 その10年後、シャープの「ロボホン」が発売され隠れたブームとなっている。


育てるというよりも、細かく覚える事が多いので高齢者は少し手を焼いているが、


『人口知能以外のこと』が、出来つつある愛玩ロボットとしてはほぼ100点。


特に音楽好きな高齢者にはUチューブからの映像も50インチぐらいで見られる。


毎月、何処かがバージョンアップして高齢者たちを楽しまさせてくれる・・・


PS:「ロボホン」に人口知能が入るようになると、会話も出来るし、

   恋人同士にもなれる。そうなると、ますます少子化?・・・


.

.

.




コメントを投稿

( コメントを表示する前に承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。)



FCコンビニエンスストア経営 有限会社公平事務所
今月のランチミーティング コンビニエンスストア加盟店の親睦会です。詳細はこちらから。

過去の記事

フィードを取得