ファミマル公平のひとり言

戻る

2016年08月30日

「 朝日新聞デジタルから・・・ 」

IMG_732AAAE0B6E17189BD894C8EB27F2BFC59518-797290.JPG ✕✕✕


◎全国各地の地方自治体で起きているインチキな会計操作。


オーバーナイト(一夜貸し)とは

 出資法人などが金融機関から年度内に資金を借り、全額を自治体に、


いったん返済。翌年度に自治体が再び法人に資金を貸し、それをもとに


銀行に返済する。3月31日から4月1日につなぎ融資として借りることが多く、


利子もかかる。北海道や神戸市など84自治体が契約1646億円を実施していた。


単コロ(単年度ころがし)とは


 決算作業のために年度をまたいで資金の調達が出来る「出納整理期間」


(4月~5月)を利用。翌年度の財源を当てて、年度末に返済があったように


処理する。岡山県が約411億円、北海道が約279億円を行っていた。


PS:この操作を繰り返すことで貸付金を回収できないことにより財源不足が隠され、

  「ツケ」が将来に回される形となる。今さえ良ければの借金の先送りである・・・。

  これが、国や全国の自治体で行われているインチキであるが、

  これによく似たことが、普通の会社、企業でも行われているのが実情である。

  だから日経の決算発表後でも、「インチキ」が暴かれるのである。

  不正が罷り通っているというか、「インチキ」だらけでアマリリス・・・


.

.

.




コメントを投稿

( コメントを表示する前に承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。)



FCコンビニエンスストア経営 有限会社公平事務所
今月のランチミーティング コンビニエンスストア加盟店の親睦会です。詳細はこちらから。

過去の記事

フィードを取得