ファミマル公平のひとり言

戻る

2016年09月01日

「 朝日新聞8月31日「ファミマとユニー(上)」から抜粋・・・ 」

MAIN.JPG


◎コンビニ3強、次の手は!


・セブンイレブン◇1万8800店◇7936億円◇65万円


・ファミリーマート◇1万8123店◇5839億円◇51万円


・ローソン◇1万2537店◇54万円


 ファミマ会長上田準二は、業界の「1強他弱」を認める。


「ある程度の規模がないと対抗できない」と考え、


ユニーとの統合を選んだ。店舗数は「ファミリーマート」に統一される予定の


サークルKサンクスとの合計でセブンに近づく。


この規模が、効率的な仕入れや商品開発などにつながる。


ただ、コンビニを取り巻く環境は変わりつつある。


店舗増加率は2,9%、13年と14年の5%台を下回った。


飽和が見えつつあり、業界関係者は


「集客しやすい立地を探す難しさが増した」と話す。 (記事から抜粋)


🌟ファミマはローソンの株価も追いつき追い越した。

  三菱自動車も排ガス不正で弱ってる、

  大財閥三菱の足をすくうチャンスかも?

  そう容易くはいかんけど、一夜の夢でも見られたら・・・


.

.

.




コメントを投稿

( コメントを表示する前に承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。)



FCコンビニエンスストア経営 有限会社公平事務所
今月のランチミーティング コンビニエンスストア加盟店の親睦会です。詳細はこちらから。

過去の記事

フィードを取得