ファミマル公平のひとり言

戻る

2016年09月24日

「 週末は永六輔さんの『大往生』から。 」

2011092709315837B.JPG


求む!粋なお爺さん。〇〇老人ホーム


☆九州の老人ホームで聞いた話。

 戦前、上海でピアノを弾いていたという粋な老人が入所してきた。

 カンカン帽が似合い、いつも細身の赤の蝶ネクタイ、

 ステッキを指先でクルッと回すような人で、

 どのお婆さんにもレディとして対応する。

 その老人が園内を散歩するようになったら、

 お婆さんたちも精一杯のお洒落をするようになった。

 「雑巾みたいだったお婆さんたちが、少女のように愛くるしくなりましたがね、

 そのお爺さんが亡くなったら、また、雑巾みたいなお婆さんになっちゃって」

 と園長が言っていた・・・というわけで、

 どこの老人ホームでも粋なお爺ちゃんを探しているという・・・


     〇


「老人ホームはお洒落な二枚目のお爺さんを探しています。素敵なお爺さんが


いるだけで、お婆さんたちが、みんないいお婆さんになりますから」


     〇


「老人ホームで一番評判がいい食べ物は何といってもソフトクリームです。


喧嘩しててもソフトクリームが出されますと静かになります」


     〇


「老人ホームで栄養のバランスなんて意味がありません。


好きなものが好きなだけ食べられるバイキングが喜ばれるんです」


     〇


「90歳で元気なバアさんに、牛乳を飲むと長寿になるから、


我慢して飲みなさいと医者が言うんだってさ。・・・バアさんは、この年になって


今さら嫌いなものはいやだっていってるんだよ」


PS:妻であり母であり女である、お婆ちゃんたちを雑巾とはよういいません・・・。


.

.

.



コメントを投稿

( コメントを表示する前に承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。)



FCコンビニエンスストア経営 有限会社公平事務所
今月のランチミーティング コンビニエンスストア加盟店の親睦会です。詳細はこちらから。

過去の記事

フィードを取得