ファミマル公平のひとり言

戻る

2016年10月31日

「 産経新聞10月24日号「主張」から・・・ 」

GTORS=^ADBLOE2.SX.JPG


日産・三菱の提携【信頼回復に資するものに】


 両社の提携を機に、不正を許してきた三菱自の社風を刷新し、


法令順守を徹底することが不可欠である。再び不祥事を起こせば、


会社は存続できないという強い緊張感を持たなくてはならない。


 三菱自は、過去2度にわたるリコール(無償回収・修理)隠しで社会から、


厳しく批判された上、今年春に燃費データー不正が新たに発覚した。


その後の再測定でも不正を繰り返していた。顧客離れが広がり販売不振によって、


業績が落ち込んだのも当然である。三菱自の再建に失敗すれば、


日産のブランドイメージも失墜しかねないことを忘れてはなるまい。


PS:三菱自は、放って置いても三菱グループからの注文がもらえる。

   あのコルトギャランGTO以後の三菱自動車のデザインがまるで面白くなくなった。

   全体的に三菱の車らしくなくなったのを覚えている。

   兵器を造っていたせいか、まともなのはパジェロくらい、

   やる気が、社風が、変わり始めたのも、その頃だったのかもしれない。

   消費者を裏切ったというが、本当は一番の仲間を裏切っていたのだ・・・


.

.

.




コメントを投稿

( コメントを表示する前に承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。)



FCコンビニエンスストア経営 有限会社公平事務所
今月のランチミーティング コンビニエンスストア加盟店の親睦会です。詳細はこちらから。

過去の記事

フィードを取得