ファミマル公平のひとり言

戻る

2016年11月29日

「 『ブラックフライデー』は日本に根付くのか・・・ 」

RS=^ADBE4DYPLO39E.JPG


イオンはコーチのバッグを9600円で売り出し!

  トイザらスはセール対象商品を昨年の1,5倍に増やした!


 米国の年末商戦の本格的な幕開けとなる「ブラックフライデー」に、


ちなんだセールが今年初めて国内でも始まったという。


日本トイザらスなど従来の外資系に加え、今年はイオンが初参戦した。


良かったのか悪かったのかという検証は、まだイオンから出ていないが、


ハロウィーンに次ぐ新たな商戦として定着を狙っているという。


コンビニも『ブラックフライデー』考えてると思いますが。


 昔は2月と8月が売り上げが取れないから、ニッパチと言ったそうですが、


今は2月と11月、特に11月は売り上げが取れるイベントが何もない月。


中国では11月11日を「独身の日」として安売りを仕掛け大成功している。


来年は、うちも全店でのブラックフライデー(ファミリーマート感謝デー)を、


営業所と一緒に考えて、やってみたいと思っています・・・


PS:米国では感謝祭翌日に当たる金曜日が、

  クリスマスまで続く年末セールの初日となり、

  小売業がこぞって黒字になることから、

  ブラック・フライデーの名が付けられたとされる。


.

.

.




コメントを投稿

( コメントを表示する前に承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。)



FCコンビニエンスストア経営 有限会社公平事務所
今月のランチミーティング コンビニエンスストア加盟店の親睦会です。詳細はこちらから。

過去の記事

フィードを取得