ファミマル公平のひとり言

戻る

2017年02月17日

「 産経新聞「オピニオン」から抜粋・・・ 」

RS=^ADBZRBZ2ZI.JPG


マスコミが描く日本は真実か・・・作家・曽野綾子さん 】


 現在の日本の全国紙の多くと、それに属する週刊誌は、


日本人がいかに貧富の差が激しく、貧困で、結婚もできず、子供も産めないでいるか。


それは政治の堕落と弱さのせいだ、などという言い方をするのを見ると、


私はおかしくてたまらない。


 現在の日本は、世界的レベルでみても制度の良く整った国であろう。


先日もある全国紙が、日本は今貧しくて若者が結婚もできないと書いたが、


私は周囲に「今日食べるものがなく」 「寝床に雨が漏り」


「電気も水道もない家に住んでいる」人を知らない。公務員の汚職は、


皆無とは言えないが、社会全体が汚職がなければ動かないこともない。


アフリカなら今日食べるものがない人は、珍しくない・・・


 しかし、建築の強度偽装、自動車の燃費偽装、歴史ある大企業の粉飾決算など、


日本人としての誠実さと職人気質を失った姿を見ると、将来が不安に駆られる。


彼らは、日本という国を騙しただけでなく、この国を詐欺の容疑で売った、


新しい『 売国奴 』に等しいのである。


PS:最近、日本の堕落が少し始まりかけていると感じたのは、

   夜食を子供たちに無料で食べさせている 『子供食堂』というスペース。

   「今日食べるものがない」に、近いのではないかと・・・


.

.

.




コメントを投稿

( コメントを表示する前に承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。)



FCコンビニエンスストア経営 有限会社公平事務所
今月のランチミーティング コンビニエンスストア加盟店の親睦会です。詳細はこちらから。

過去の記事

フィードを取得