ファミマル公平のひとり言

戻る

2017年03月23日

「 朝日新聞・3月8日「リレーおぴにおん」から抜粋・・・ 」

RS=^ADBQ6FJFVNWSJPIG.JPG


糖質(あまぁ~い!!)から逃げれらない現代。 産婦人科医・宗田哲男さん


 菓子パン、ケーキ、炭酸飲料・・・現代人は甘い食べ物や飲み物をとりすぎています。


甘さがこれほど容易に手に入る時代は、人類史にありませんでした。


せいぜいこの60年でしょう。この変化でエネルギーを得る代謝回路に狂いが生じ、


糖尿病など多くの病気の原因になっている。そう、考えています。


 甘さと一口にいますが、栄養学では炭水化物から植物繊維を除いた糖質です。


なかでも、現代の甘さを支えているのは、精米や精製小麦粉、清涼飲料水に、


含まれている糖類といった。「精製された糖質」です。


 人体は糖質の多くを、植物由来の食べ物から得ます。植物は美しい花を咲かせて、


昆虫を集め、受粉を手伝わせて広く繁殖します。これと同じように、


糖質取り過ぎ原因は、脳内で甘さの中毒症状を起こして動物にたくさん食べさせ、


繁殖域を広げる植物の戦略に、動物がのせられてしまっているからなのです。


PS:ここで差が出るのが頭の良さ悪さ・・・

   裕福=賢い。(生まれた家がお金持ちであること)

   貧乏=頭悪い。(生まれた家が離婚してたり貧しいこと)

   ・・・・・・見てみい、オレ早ようから糖尿病やないか(笑)。


.

.

.




コメントを投稿

( コメントを表示する前に承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。)



FCコンビニエンスストア経営 有限会社公平事務所
今月のランチミーティング コンビニエンスストア加盟店の親睦会です。詳細はこちらから。

過去の記事

フィードを取得