ファミマル公平のひとり言

戻る

2017年03月21日

「 糸井さんちの『ほぼ日』上場、初値付かず。 」

RS=^ADBJGQL4WHUN.JPG


気配置、公開価格の2倍超え。


 楽しむコピーライターの糸井重里さん(68歳)が社長を務める『ほぼ日』が


16日、ジャスダック市場に上場した。買い注文が殺到し、公開価格(2350円)の、


2,3倍の5410円まで気配置を切り上げたが値が付かなかった。



じぶんも長年愛用している『ほぼ日手帳』が、


売り上げ全体の7割を占めていて、


こなっちさんの言う「糸井重里と一蓮托生の会社」というのも当たってる。


クリエーターさんが多いので、経営という面では少し不安はありますが、


『ほぼ日手帳』という安定した収益がありますので、


糸井さんには、おもしろいことをどんどんやって行って、


他の上場会社とは違うところを見せ付けて欲しいです・・・


PS:糸井さんちの株を持っているだけで人柄が分かる、

   そんな「ほぼ日」のベッピンな株であります!!!


.

.

.




コメントを投稿

( コメントを表示する前に承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。)



FCコンビニエンスストア経営 有限会社公平事務所
今月のランチミーティング コンビニエンスストア加盟店の親睦会です。詳細はこちらから。

過去の記事

フィードを取得