ファミマル公平のひとり言

戻る

2017年04月25日

「 コンビニのコピー機サービス(産経新聞から・・・) 」

HC0G74000010LTTR.JPG


コンビニのマルチコピー機は多機能+性能向上!


 最近は、写真印刷の性能が良く、SDカードなど記憶メヂィアを利用する


方法に加え、アプリを使ってスマホから画像データを送りカラー印刷ができる。


通常サイズだけでなく、引き伸ばしもできて、アニメやゲームのキャラクター、


楽譜や地図、過去の新聞記事などの印刷サービスも提供できるという。


コンビニ各社は「さらに効果的に、もっと簡単に使えるようにする」と言う。


負けてはおれんとローソン、店舗数大幅増計画!


 ローソンは、現在約1万3000店ある国内店舗数を、平成34年2月末までに、


1万8000店規模へ大幅に増やす計画で、実現すれば33年末で、


1万8500前後の、店舗数を想定しているファミリーマートに迫る規模となる。


 今年2月時点の店舗数はセブンが約1万9400店、ファミマが1万8100店に上る。


両社は、今後の出店ペースを抑える方向。収益が見込める地域に集中した結果、


出店は「飽和に近い状態」(U・F・HDの高柳浩二社長)となっているためだ。


 しかし、ローソンは「女性やシニア時代の需要を取り込めばチャンスは十分ある」と、


強気の姿勢。


PS:ローソンの拡大戦略、吉と出るのか凶と出るのかというよりも、

   コンビニ加盟店とすれば「また、日商が下がるやないか!」という感じですわ・・・


.

.

.




コメントを投稿

( コメントを表示する前に承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。)



FCコンビニエンスストア経営 有限会社公平事務所
今月のランチミーティング コンビニエンスストア加盟店の親睦会です。詳細はこちらから。

過去の記事

フィードを取得