ファミマル公平のひとり言

戻る

2017年05月23日

「 日経MJ・5月3日「伊藤元重のエコノウオッチ」から・・・ 」

3RS=^ADB1CUZCIRQ.JPG


店に行く価値の創出が大事


 消費者は百貨店やモールに何を求めるのだろうか。


そこでしか買えない高級品やブランド品を購入するという人も居るかもしれない。


しかし、その市場は非常に限られたもので、百貨店やモールが人を集められるのは、


そこに行けば新しい経験ができるからではないだろうか。


新しい店舗や商品に遭遇し、日常とは少し違った時間を過ごせるからだろう。


 だから、百貨店やモールは改装や店の入れ替えが必要となる。


小売業とはなかなか厳しい産業ということになる。常に新しい店を提案し、


よりよい商品を開発し、新しいサービスを提案し続けない限り、客は離れてしまう。


 だから小売業の人に言いたい。顧客が減っているとすれば、


それは、新たな価値を提供できなくなったからなのだと。


PS:コンビニとは一つも二つも、ワンランク上の小売業の話ではありますが、

   コンビニも原点に戻って、お客さんをよく見て、よく観察し、

   お客さんの新しいニーズを探し出すことが生き残る術である。

   それは新しい商品であり、求めやすい価格であり、

   便利なサービスであり、気持ちの良い接客であり、

   楽しい仕掛けでもあります・・・

   「またうちの宣伝になってしまったなァ~~~」

   ご期待ください。

.

.




コメントを投稿

( コメントを表示する前に承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。)



FCコンビニエンスストア経営 有限会社公平事務所
今月のランチミーティング コンビニエンスストア加盟店の親睦会です。詳細はこちらから。

過去の記事

フィードを取得