ファミマル公平のひとり言

戻る

2017年05月13日

「 富山の『漢方薬師堂』さんのHPから・・・ 」

漢方薬とは


漢方薬はからだに合わせて調合し

からだのバランスを整える

日本独自の医療です

植物、動物、鉱物の中で薬効を持つ

「生薬」と呼ばれるものを組み合わせて

処方調合したものが漢方薬になります。



漢方の効き方と気・血・水


からだは「気・血・みず」という3つの要素から構成されており、バランスが重要となります。

この3つの要素のバランスが崩れると、からだの不調が出てきます。

放っておくと悪化し病気などを患うことが多くなります。

漢方はそうしたバランスの崩れを解消し、からだを正常な状態に戻す働きをします。

わかりやすい例は「冷え」です。「冷え」がると寒気や便秘などのいろんな不調が現れますが、

「冷え」を正常な状態に戻すと改善されます。


IMG_KANPO_03.JPG


漢方薬が、がん治療に活用(日経新聞4月24日記事から)


 伝承されてきた「漢方薬」を西洋医学にうまく取り入れる動きが広がって来た。


抗がん剤の副作用や高齢者医療などに効果的に使おうと、


国の実行計画や研究会の提言が後押しをする。さらに、高齢化が進む日本で、


過剰な服薬や医療費を抑えようと、漢方の新たな活用方法も模索が始まって来た。


PS:昔から言い伝えられている言葉にハズレなし!ですかね・・・


.

.

.



コメントを投稿

( コメントを表示する前に承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。)



FCコンビニエンスストア経営 有限会社公平事務所
今月のランチミーティング コンビニエンスストア加盟店の親睦会です。詳細はこちらから。

過去の記事

フィードを取得