ファミマル公平のひとり言

戻る

2017年05月31日

「 朝日新聞・『私の紙面批評』から。 」

ALSKDJFJFHG1374052425.JPG


安倍1強とメディア 「書くべきこと書く覚悟はあるか!」

 宇野重規・東大教授


(前略) 落語家の三遊亭白鳥さんの言葉もいい・・・。


 「国会の論戦は不思議ですね。だって。


高飛車だったり、ごまかしたり、政治家こそ、相手に伝わるように話して、


その議論が役に立つようにしなきゃいけないのに。


なのに、選ばれた人間の話を聞けって感じばかり。政府も野党もね。


国民というお客が見えていないんじゃないですかね


 首相が特定の新聞を示して、これを読めと国会で言う時代である。


そのような状態において、慎重になるばかりの既成メディアに対して、


ゲリラ的にではあれ問題提起を行い、目の前の相手に伝わる言葉を、


模索する人々に説得力を感じるのは偶然ではあるまい。


とはいえ、真に問われているのは既成メディアの側の覚悟である。


PS:森友の籠池さん

   元次官の前川さん

   ジャーナリストの詩織さん

   安倍さんに対する告発者

   多くの人は安倍さんが嘘を付いていると思っている

   安倍さんの権力の私物化

   安倍さんの今のやり方

   悪者にして社会から抹殺する

   アベさんとヒットラーどちらが恐ろしいのか?


.

.

.




コメントを投稿

( コメントを表示する前に承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。)



FCコンビニエンスストア経営 有限会社公平事務所
今月のランチミーティング コンビニエンスストア加盟店の親睦会です。詳細はこちらから。

過去の記事

フィードを取得