ファミマル公平のひとり言

戻る

2017年06月03日

「 10年もするとアッという間に、約半分の人の仕事がなくなるという。 」

RS=^ADBAD7GIR045.JPG


「10年経てばコンビニにも求人が殺到する時代が来るということ?

それまでは、我慢、辛抱ですか・・・」


 大きなところはそう感じていないかもしれないのですが、


特に下流で働く人たちの仕事が、マジで人手不足で困っている。


時給を上げようが、待遇を良くしょうが、何のことはない応募が来ないのです。


そのしわ寄せの多くが、少ない人員を支える数少ない人だけにより集中していて、


もうホント、大変で困っているのです。


という声が世間に渦巻いているというのに、アッという間に人手不足になるという。


オックスフォード大学と政府の統計データーからわかったこと。


90%以上の確率で消えるリストなどもでてきています。


・銀行の融資担当・電話オペレーター・レジ係・ネイリスト・弁護士助手・ホテルの受付


・税務申告の代行者・簿記会計の事務員・不動産ブローカー・動物のブリーダー


・時計修理屋・図書館の補助員・塗装壁紙張り・造園用地管理の作業員などなど・・・


PS:その大方の原因は進歩のし過ぎ。進歩が人類と調和しなくて、

   大阪万博で願った「人類の進歩と調和」が叶えられなかったこと。

   それに輪をかけ消費行動も生きる常識も、大きく変わり過ぎ。

   時代ではありますが、何んかアホらしくて滑稽に見えます・・・


.

.

.




コメントを投稿

( コメントを表示する前に承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。)



FCコンビニエンスストア経営 有限会社公平事務所
今月のランチミーティング コンビニエンスストア加盟店の親睦会です。詳細はこちらから。

過去の記事

フィードを取得