ファミマル公平のひとり言

戻る

2017年06月07日

「 検察審査会が動き出す・・・ 」

RS=^ADBM8UY.JPG


安倍総理ベッタリのジャーナリスト・山口敬之の『準強姦』罪!

 山口敬之が不起訴になったことを不服として審査を申し立てた。

 ジャーナリスト・詩織さん(28)の事件とは・・・


・詩織さんによる事件経過

13年秋頃・留学先の米ニューヨークで山口氏に出会う。

15年3月・メエールで山口氏にTBSワシントン支局への就職を相談。

同4月3日・帰国中の山口氏が誘い都内で食事。午後8時ごろに串焼き店。

       9時40分ごろ寿司店に入り意識を失う。

    4日・午前5時頃に都内ホテルの一室で目覚める。裸で暴行された形跡。

    9日・警視庁原宿署に相談。

   11日・原宿署で高輪署の捜査員と面会。

   15日・ホテルの防犯カメラ映像を捜査員と確認。

   30日・高輪署で告訴状が受理される。


同6月初旬・DNA鑑定などの証拠がそろい、逮捕状が発付される。

    4日・山口氏が帰国する際に成田空港で逮捕すると連絡が入る。

    8日・空港で待機した捜査員から「上からの指示で逮捕できなかった。

       自分は担当を外れる」との連絡。


同8月26日・山口氏が書類送検される。

同10月・本人が担当検事と面会。

16年1月・山口氏が担当検事と面会。

同6月・本人が担当検事と2度目の面会。

同7月22日・嫌疑不十分で不起訴処分となる。

17年5月29日・検察審査会に不起訴処分に対する不服申し立て。会見を開く。


 会見では詩織さんは、「私の知り得ない上のパワーがあった」と振り返った。


執行にストップをかけたのは当時の警視庁刑事部長。管義偉官房長官の、


秘書官を務めたこともある人物だった。その後、高輪署から本庁捜査1課へ。そして、


警視庁から示談を進められたという「極めて異例」(代理人弁護士)な展開を迎えた。


PS:森友の籠池さん

   元次官の前川さん

   ジャーナリストの詩織さん

   安倍さんの告発者

   安倍さんは警察を使って悪さをした・・・


.

.

.


 



コメントを投稿

( コメントを表示する前に承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。)



FCコンビニエンスストア経営 有限会社公平事務所
今月のランチミーティング コンビニエンスストア加盟店の親睦会です。詳細はこちらから。

過去の記事

フィードを取得