ファミマル公平のひとり言

戻る

2017年08月19日

「 日経「アマゾン」に関する記事から・・・ 」

RS=^ADBUY2D.0W9.PNG


『アマゾン効果』もここまで来たか。


 米アマゾンが高級スーパーのホールフーズ・マーケットを傘下に収める。


アマゾンがあらゆる企業・産業をのみ込むことを意味する「アマゾン効果」は、


今や米メディアの流行語。米国でこの話題に関心のない経営者は居ないと言われている。


 ホールフーズは高額所得者の住む地域に店舗を構えている。


アマゾンはこれを鮮度管理機能のある「倉庫」としても活用し、生鮮品のネット宅配を、


本格化させるとみられている。センサーやネット上の課金システムを駆使した、


レジ決済不要の仕組みをホールフーズに導入する可能性があるという。


 米国の消費風景を変えた。ウォルマートだがネット販売への対応は遅れた。


2016年のウォルマート北米売り上げは2,7%、アマゾン小売部門は24,6%増だった。


(大事なのはココ) アマゾン効果を小売業だけの変革だと考えると本質を見誤る。


「アマゾンの強さはネット販売ではなくイノベーションにある」という。


貧欲な開拓欲が結果的にはアマゾンを今の地位に押し上げたと見る。


この姿は競争力のあるIT企業に共通しているという・・・


PS:企業のロゴマークとは、その企業の将来や未来、

   理想や考え方などを絵や文字で形にしたものですが、

   上のアマゾンのロゴ、矢印も a から z を指している。

   つまり、A to Z 小売りだけじゃなく 『全て』 なのです!!!

   (セブンとアスクルの業務提携は日本的で「ちっちゃいなァ」と言う感じ・・・)

.

.

.




コメントを投稿

( コメントを表示する前に承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。)



FCコンビニエンスストア経営 有限会社公平事務所
今月のランチミーティング コンビニエンスストア加盟店の親睦会です。詳細はこちらから。

過去の記事

フィードを取得