ファミマル公平のひとり言

戻る

2017年10月16日

「 私の言い分・・・ 」

RS=^ADBD.CT9IPO0ML.JPG



『ミダス王の誘惑・・・金持ちのぜいたくは悪か』

 小野善康・阪大特任教授 】から(朝日新聞10月13日)



 B・ゲイツやS・ジョブズのような、目的が社会貢献でなくても、


稼いだ分を自分の楽しみに使えば社会に十分貢献できる。


雇用を生み、多くの人々の生活を支えるからだ。


持っているだけでは何も生まれない。


日本はどうかというと、質素な生活をする金持ちへの称賛は日本のお家芸だ。


だが、お金をため込んでばかりでは、消費も総生産も伸びない。


金持ちは、お金を好きに使えば社会貢献にもなることを認識すべきだ。


PS:「ただ言えることは、壊れた貧しい家庭で育ったのでお金には縁が無かったですが、

   今は、小遣いのすべてを毎月使い切っています。

   何ともったいないとの声が聞こえて来ますが、

   ㋮の太っ腹のお陰で1万人の中の恵まれた一人と、言われております。

   ということで、社会に貢献はしているつもりなのですが、いかがでしょうか~~~」


.

.

.




コメントを投稿

( コメントを表示する前に承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。)



FCコンビニエンスストア経営 有限会社公平事務所
今月のランチミーティング コンビニエンスストア加盟店の親睦会です。詳細はこちらから。

過去の記事

フィードを取得