ファミマル公平のひとり言

戻る

2017年11月15日

「 【純利益大幅減】ソフトバンク・孫社長の2017年4~9月期の状態。 」

RS=^ADB4VWCYRKMK.JPG


営業最高益に死角。有利子負債、総額15兆円


6日発表した2017年4~9月期の連結決算は、本業のもうけを示す営業利益が、


前年同期比35%増の8748億円となった。米子会社スプリントの利益の伸びが貢献、


4~9月期として最高を更新した。


 だが、最終的なもうけを示す純利益は87%減の1026億円。巨額の利払い費が、


収益を圧迫するなど営業最高益の陰に死角も潜んでいる。


財務にのしかかる最大の懸念は、多額の利払い費だ。


13年に買収したスプリントの負債が加わり、9月末の有利子負債は約15兆円に達した。


 17年3月期の利払い費は4673億円と4年前の7倍。2位の東京電力HD(755億円)や、


JR東日本(702億円)を大きく引き離し、日本の事業会社では断トツの規模だ。


1社だけで国内上場企業の利払い総額の約2割を占めるという。


(日本経済新聞・11月7日記事より)


PS:有利子負債というのは、借金の中でも利子を付けて返さないといけない借金のこと。

   これが15兆円(15、000、000、000、000円)、0が多すぎて途方もないお金。

   孫さん自身は、頭と度胸で乗り切ってきた人で根性が違う?

   ある意味、お金の重さを感じない人かも・・・


.

.

.




コメントを投稿

( コメントを表示する前に承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。)



FCコンビニエンスストア経営 有限会社公平事務所
今月のランチミーティング コンビニエンスストア加盟店の親睦会です。詳細はこちらから。

過去の記事

フィードを取得