ファミマル公平のひとり言

戻る

2018年01月17日

「 日経新聞1月11日記事から。 」

RS=^ADB8V_LH0.O1WAIRLY.JPG


ローソン、薬販売900店舗で。


 記事によるとローソンは現在1万3千店舗のうち、170店舗で


医薬品を販売している。ローソンが売るのは風邪薬や胃腸薬、


湿布など「登録販売者」が扱える第2類医薬品と第3類医薬品。


 1店舗当たり3人以上の「登録販売者」を置き365日販売するという。


時間帯は大体午前8時から午後10時ごろまでを想定している。


「登録販売者」の時給は他よりも高くなり、加盟店の人件費の、


押し上げになるが売り上げ増でカバーするという。


 「登録販売者」は都道府県の試験と2年の実務経験が条件になる。


ローソンでは加盟店の従業員1300人が「登録販売者」合格している。


去年は本社が試験対策の講座を350回開催し、600人が試験を


通過した。という記事内容である。


思うに・・・ うちでも去年2名が受けて2名が合格しましたが、


勤務とテスト勉強で結構頑張ったという声を二人から聞きました。


ファミマはローソンみたいに講習会みたいなものもなかったし・・・


よくよく考えると、「販売登録者」が売れるのは第2・3類の医薬品だけ。


しかも、売れる店となるとビジネス立地とか繁華街立地の条件が付く、


うちみたいな普通の路面店が多い店舗では、売り上げに見合うかが問題。


まァ、力が発揮できるのは梅田地区の店舗くらいでしょか・・・


.

.

.




コメントを投稿

( コメントを表示する前に承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。)



FCコンビニエンスストア経営 有限会社公平事務所
今月のランチミーティング コンビニエンスストア加盟店の親睦会です。詳細はこちらから。

過去の記事

フィードを取得