ファミマル公平のひとり言

戻る

2018年02月23日

「 平昌五輪2018から 」

0026283941.JPG


国を超えて


リスペクトし合う


二人


これがオリンピックという祭典だ


(撮影・時事通信社)


・・・レース後、3連覇を逃した李相花


(イ・サンファ)の瞳から涙があふれた。


「イ・サンファ」コールが観客席からわき起こる。


李は太極旗を持ちリンクを回り始めた。


待っていた小平に李は抱きかかえられた。


耳元でささやかれると、小平にしがみついた。


心から信頼する人間にしか、なんな風に身をゆだねたりはしない。


最強のライバルの絆の深さだ。


 小平と李の友情は、2人が並んで記者会見で明らかにされた。


「チャレッソ」。小平は韓国語で「よく頑張ったね」とねぎらい、


さらにこう言ったという。「プレッシャーの中でよくやったね。


まだリスペクトとしているよ」・・・政治とは無縁で、


小平と李が長年育んできた絆はすがすがしかった。


.

.

.




コメントを投稿

( コメントを表示する前に承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。)



FCコンビニエンスストア経営 有限会社公平事務所
今月のランチミーティング コンビニエンスストア加盟店の親睦会です。詳細はこちらから。

過去の記事

フィードを取得