ファミマル公平のひとり言

戻る

2018年04月06日

「 3日・日経新聞(夕)「私のかんさい」から 」

GEN_0687_480X360_480X360.JPG


田中 邦裕さん(さくらインターネット社長・40歳)


 さくらインターネットの創業者であり、舞鶴工業高等学校の在学中に

 18歳で起業した。日本橋電気街に通い、サーバー事業を軌道に乗せた。

 関西発のスタートアップとして事業を拡大、2015年に東証一部に上場。


「大阪の会社」であることを、強く意識するようになった。


 13年にグランフロント大阪が完成し、起業家を支援する大阪市の、


「大阪イノベーションハブ」の取り組みが始まり様々な人とつながりが生まれ、


自分たちが「大阪の会社」であることを強く意識するようになった。


 いっときは東京へ本社を移すことも考えたが、


効率性を高めようとする姿勢は、かえって成長を生まないと気付いてやめた。


会社が寛容だと社員は多くのアイデアを生み出せる。「余白」を大事にしたい。


関西のスタートアップの力で、もっと生きる環境を整えたい。


 17年6月に、堺筋本町からグランフロント大阪の35階に本社を移した。


100人ほど集まってセミナーや交流会ができるオープンスペースを設けた。


社外の人を交えた行事は年間200件を超えた。


関西の様々な人が集いオープンイノベーションの拠点として活躍していく。


大企業の人とスタートアップとの仲が良く両者をつなぐ活動も活発だ。


彼らを、より多くの関西全体の取り組みに参加させていきたい。その中で、


さくらインターネットという会社自体が人のつながる場所になればいいと思っている。


PS:田中さんとは一度の面識もありませんが、このブログ、12年前から

   「さくらインターネット」のサービスを使っています。

   振り返るとシッカリ大きくなられ、自分トコだけじゃなく、

   「公(おおやけ)」も大事にされる方みたいで、今どきは希少価値!

   ◎今日の好きな人でした・・・


.

.

.




コメントを投稿

( コメントを表示する前に承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。)



FCコンビニエンスストア経営 有限会社公平事務所
今月のランチミーティング コンビニエンスストア加盟店の親睦会です。詳細はこちらから。

過去の記事

フィードを取得