ファミマル公平のひとり言

戻る

2018年04月09日

「 日経4月5日「日経ウオッチ」から。 」

wertyquy.JPG


強まる『高圧経済』リスクも・・・


 「高圧経済」と呼ばれる、特殊な状況が日本で強まっている。


景気が過熱気味なのに経済政策でさらに刺激し、設備投資や人材活用を


促していく状況だ。「高圧経済」は長い目で見れば成長や物価にプラスに働く、


だが、バブルを誘発し、経済の安定成長を損なうリスクもある。


 振り返りみると、今の日本は株価はバブル後の高値圏にあり、


不動産も活況で、都心では超高層ビルの建設ラッシュが続く。


低金利の貸家ブームに乗ったアパート建設も昨年前半まで急増した。


「高圧経済」のもとでは採算性の低い投資も増えているようだ。


PS:高圧とか強硬とか過熱と聞いただけで疲れてしまう、もう歳だな・・・

   ◆「高圧経済?」、何か体に良くない言葉のようだから載せてみました。


.

.

.




コメントを投稿

( コメントを表示する前に承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。)



FCコンビニエンスストア経営 有限会社公平事務所
今月のランチミーティング コンビニエンスストア加盟店の親睦会です。詳細はこちらから。

過去の記事

フィードを取得