ファミマル公平のひとり言

戻る

2018年06月01日

「 日経新聞・5月26日の記事から 」

20171012FAMIMA2.JPG


10兆円! 「中食」コンビニがけん引


 日本惣菜協会が24日発表した2017年の中食市場規模は、


始めて10兆円の大台を超えた。


市場をけん引しているのは、コンビニエンスストアだ。


 コンビニではサラダなど袋詰めの総菜のほか、


フライドチキンなど店内調理の総菜が支持を集めている。


17年3、7%伸び全体をけん引した。食品スーパーも3,1%増えた。


米アマゾン・ドット・コムなどのインターネット通販に対抗しょうと、


総菜売り場を広げたり、店内加工品を増やして、


出来立て感を演出したりと工夫を凝らしている。


 消費者のライフスタイルの変化も背景にある。共働きや単身の世帯が増え。


家事を早く済ませたい「時短需要」が拡大している。


PS:拝啓本部様・・・店内調理、大変よく売れていますが、

   これ以上、手間をかけずに販売できる「中食」の開発を、

   よろしくお願い致します・・・頑張って売って参ります!!!


.

.

.



コメントを投稿

( コメントを表示する前に承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。)



FCコンビニエンスストア経営 有限会社公平事務所
今月のランチミーティング コンビニエンスストア加盟店の親睦会です。詳細はこちらから。

過去の記事

フィードを取得