ファミマル公平のひとり言

戻る

2018年07月13日

「 『銀行が近づいて来たら気をつけなさい・・・』 」

20151116_M.JPG


銀行投信の個人客、半数が損している。

 (朝日新聞・7月6日㊎の記事から抜粋・・・)


 国内29の銀行で投資信託を買った個人客の半分近くが、


運用損失を出していることが金融庁の調べで分かった。


運用成績は銀行ごとに大きな差異がみられたといい、


各行の販売、運用姿勢や商品の品ぞろえが、


顧客の資産形成に影響した可能性がある。


 金融庁が主要行9行と地方銀行20校の窓口で投信を買った客、


全員の今年3月末と購入時の評価損を比べた。


顧客が払う手数料も引き、実質的な「手取り」を試算すると、


46%の人の運用損益がマイナスで損をしていたという。


PS:いつも何かとお世話になっている銀行に対して、

   普通の人は、そう無碍にも断れないところもある。

   うちもその中のひとりで、それも含まれているのだと考えれば、

   円滑な経済活動の一助にはなっている。(くやしまぎれの言葉だ!)

   売りつけた人はそそくさと東京に転勤と相成った・・・


.

.

.



コメントを投稿

( コメントを表示する前に承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。)



FCコンビニエンスストア経営 有限会社公平事務所
今月のランチミーティング コンビニエンスストア加盟店の親睦会です。詳細はこちらから。

過去の記事

フィードを取得