ファミマル公平のひとり言

戻る

2018年10月11日

「 『世界秩序を決めるのは誰か?』・・・ 」

JP_BLOG_ABOUT_AMERICAN_CULTURE.JPG


◆米中貿易戦争のエスカレート!


 世界はこれが21世紀の世界秩序を決するライバル同士の対決だと見ているが、


口先だけではケリが付かないとなると、バカな戦争に至る可能性もある。


中国はアメリカに譲歩する必要はないという強硬論に加え、


アメリカと日欧の分断を図っていると見ている。


 「貿易戦争」とはいうが、世界1位(アメリカ)と世界2位(中国)の1位2位争いだ。


アメリカは世界1位を保つために力をつけて来た2位を叩く、今までの常とう手段である。


中国としたら、どう見ても軍事面でアメリカが中国を上回るので戦争にはしたくない。


中国の本音は、この『貿易戦争』後10年待って欲しかったと思っているだろうし、


10年経ったら、軍事面でもアメリカとも戦えると思っていたはず。


アメリカとしたら遅くらすとヤバイと感じたタイミングだったようで、


この『貿易戦争』、習さん負けと読んでいる人たちが大勢を占めている。


PS:アメリカは荒野もインディアンも大開拓してきたお国柄、

   その辺りの『スーパーパワー!』があるのだと思う。

   そうなると日本はアメリカからの独立は、到底ムリなようですたい!


.

.

.



コメントを投稿

( コメントを表示する前に承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。)



FCコンビニエンスストア経営 有限会社公平事務所
今月のランチミーティング コンビニエンスストア加盟店の親睦会です。詳細はこちらから。

過去の記事

フィードを取得