ファミマル公平のひとり言

戻る

2018年10月31日

「 朝日新聞記事から 」

ASAHISHIMBUN16.JPG
9876YJIMAGE.JPG


◆無知が生む敵意(魔物)


 息苦しい社会になったものだ。己と意見の違う相手は、「国民の敵」


「反社会的勢力」と切り捨てる。隣人でも国籍が違ったり生活保護を


受けていたりすれば、「在日特権」「弱者利権」と、ののしる。


 日本だけではない。トランプ氏が自らに批判的なメディアを「国民の敵」と


執拗に攻撃してくる。欧州も「反移民・難民」の動きが勢いづいている。


 考え方や立場の違いを際立たせ敵視する。富が少数者に独占され、


小さなパイを弱者同士で争う憂さ晴らしか、過激な意見を示しSNSで多くの


「いいね」が欲しいのか・・・・・・。だが、本当にそれでいいのか。


 また、支配する側、される側の敵愾心に加え、日本にやって来た


朝鮮人労働者は日本人労働者の仕事を奪う競争相手だった。


関東大震災という生き地獄の中で、官憲発のデマが敬意の油槽に


火をつけるのはわけなかった。


 震災で頭をもたげた敵意という魔物は、「暴支膺懲(ぼうしようちょう)」


「鬼畜米英」」など、その後、姿形を変えながら、世界を敵に回した戦いで


亡国するまで日本をさいなんだ。


 「新潮45」が杉田水脈衆議院の「『LGTB』支援の度が過ぎる」を掲載し、


新潮社内から批判され休刊になった。


 私は右でも左でも、どんな言論も容認されるべきで、あらゆる制限は、


言論の自由、多様性を損なうと考えから反対だ。ただし、敵意を呼び起こす


言論には社会を破壊する毒があることを、放つ者は自覚すべきだ。


破壊が巻き起こす諸悪の責任も取らればならない。今日も敵意が売り物の、


雑誌が書店に並ぶ、責任逃れは許さない。(編集委員・駒野 剛さん)


PS:これだけ書けるのなら、もっと国を良い方向に向かわせて頂きたいなァ・・・

.

.

.




コメントを投稿

( コメントを表示する前に承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。)



FCコンビニエンスストア経営 有限会社公平事務所
今月のランチミーティング コンビニエンスストア加盟店の親睦会です。詳細はこちらから。

過去の記事

フィードを取得