ファミマル公平のひとり言

戻る

2019年11月05日

「 セブンが『聖域(ロイヤリティー)』に手を出した事情。 」

96958A9F889DE6E0EBE2E6EBEAE2E0E4E2E1E0E2E3EB9F9FE2E2E2E2-DSXMZO4290574026032019000002-PB1-3.JPG


◆店舗経営コンサルタントの佐藤 昌司さんの無料メルマガから・・・。


 コンビニエンス各社が岐路に立たされている。最大手のセブンは10月10日、


不採算店約1000点について、閉鎖や移転を行うと発表した。


これまで店舗数を増やすことで成長を実現してきたが、ここにきて大量閉店を


実行することに驚きを持って受け止めた人は少なくはないだろう。背景には


収益悪化の懸念が見える。セブン加盟店が本部に支払うロイヤルティーを


来年3月から減額するが、これにより加盟店1店舗当たりの利益は、年間で平均


約50万円改善する見込みの一方、本部利益は約100億円悪化するためだ。


 こうした情勢に対してファミマやローソンは時短営業の実験をするなど、


加盟店に寄り添う姿勢を示してきた。一方、セブンは当初は消極的な姿勢が


目立った。しかし、世論の批判はやむことがなく何らかの対応が必要となっていった。


 24時間営業の低収益加盟店には月20万円を支給するなど支援が手厚い。


24時間営業の高収益店には、従来の3%の減免措置に加えて月3万5000円を


減額するなど、どちらも手厚い支援となっている。


でも、24時間営業の方が圧倒的に有利と言えるロイヤリティーとなっている。


このように、時短営業に向けて話を進めてはいるが、


本音としては、24時間営業は維持したいとみられる。


PS:最大手のセブンとしたら、24時間・年中無休は崩したくはないだろう・・・


.

.

.




コメントを投稿

( コメントを表示する前に承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。)



FCコンビニエンスストア経営 有限会社公平事務所
今月のランチミーティング コンビニエンスストア加盟店の親睦会です。詳細はこちらから。

過去の記事

フィードを取得