ファミマル公平のひとり言

戻る

2020年02月17日

「 朝日新聞2月4日号から 」


 れいわ新選組ニュース①

 1日、京都市内での街頭演説から・・・

 (れいわ新選組・山本太郎代表)



 働いても働いても豊かにならない。


生産性の名の下に働く人の人件費をカットされ、


非正規、派遣(の雇用形態が増えた)。


(安倍政権は)大企業に組織票や企業献金も貰っているから、


企業側の代弁者として国会の中で仕事をし続ける。


結果、労働環境が破壊され、大企業には大減税し、


穴埋めとして消費税が上がっていく。


 消費税は強制的な物価引き上げだ。


生活が苦しくなるのは当たり前だ。


国のトップが間抜けな政策をやり続けている。


(1日、京都市内での街頭演説から・・・)



 『 れいわ新選組ニュース②

 れいわ新選組、首相の地元で対抗馬勇率宣言。

 (れいわ新選組・山本太郎代表)



 わいわ新選組の山本代表は6日、山口県下関市で開いた対話集会で、


「今の総理大臣のお膝元に候補者を立てない選択肢はありますか。


「立てる」と明言し、次期衆院選で、同市を含む安倍晋三首相の


地元・山口4区に候補者を擁立する考えを示した。 山本氏は、


「誰が立つのかは発表出来る段階にはない。下関で生活されている


ことを最低限、候補者に求める」と述べた。


 野党共闘での候補者調整にも含みを残した。


.

.

.


 



コメントを投稿

( コメントを表示する前に承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。)



FCコンビニエンスストア経営 有限会社公平事務所
今月のランチミーティング コンビニエンスストア加盟店の親睦会です。詳細はこちらから。

過去の記事

フィードを取得